物件探しから引渡しまでの流れ

各項目のポイントも明記してますので参考にしてください

新1情報収集

新新1情報収集・文字

≫ 続きを読む

 

物件を探す条件は人それぞれ違いますよね。立地、間取り、日当たり重視など物件には、さまざまな要素があります。自分なりの条件の優先順位をつけて物件を絞りこみましょう。全て満点の物件はありませんので1番目以外はある程度の妥協ができるようにしておきましょう。

Point   ☑ 自分の中で優先順位を決める

物件探しで1番重要かもしれませんね。お客様の年齢やご年収によって無理のない返済額を考えて毎月の支払い金額がいくらまで可能なのか資金計画を立てましょう。

Point   ☑ 購入できる金額を知る

≫ 閉じる

新2物件見学

新新2物件見学・文字

≫ 続きを読む

 

物件をある程度絞りこんだら実際に物件を見に行きましょう。実際に現地に見に行くと分かることもいろいろあります。全面道路がどのように敷地に接しているかとか、駐車スペースなど敷地について建物内部も設備の仕様、部屋の広さなど体感できます。

Point ☑  物件見学はお気軽にお問い合わせください

≫ 閉じる

新3周辺環境チェック新新3周辺環境チェック・文字

≫ 続きを読む

 

毎日生活する街になります。設備や間取りに目が行きがちですが、自分にとって快適に住める生活環境か必ず確認しましょう。近くに生活に必要な施設が揃っているか。通勤時間は大丈夫か。物件見学の際スタッフにご確認ください、ご案内します。

Point   ☑  日常生活を想像して快適に暮せる環境か確認しましょう

≫ 閉じる

新4資金計画新新4資金計画・文字

≫ 続きを読む

 

 

資金計画に無理があると、いくら快適なお家に住んでも、毎月の返済で苦労しては快適に過ごせません。物件や自己資金の額によって返済額や諸費用も変わってきます。資金計画を優先して物件を提案させていただくことも可能ですのでご相談ください。

Point  ☑ 無理のない資金計画を立てましょう

≫ 閉じる

新5購入申込新新5購入申込・文字

≫ 続きを読む

 

売主さん宛に、購入申込書に物件名、契約日を記入して署名・捺印します。そして購入申込書を売主さんへ送って物件を押さえることができます。申込みをしたら契約日までに、住宅ローンを使われる方は住宅ローンの事前審査の承認をとる必要があります。申込みまでに事前審査をしていなかったら事前審査をしましょう。

Point   ☑ 重要事項を確認して申込みをしましょう

≫ 閉じる

新6住宅ローン事前審査新新6住宅ローン事前審査・文字

≫ 続きを読む

 

お家を買われる方のほとんどは住宅ローンを組んで購入されます。住宅ローンを組むにはまず、事前審査で承認をしてもらうことが必要になります。銀行によって審査基準が違いますし、金利にも差があります。職種や勤務年数、年収、個人情報が審査されます。お客様ひとりひとりの内容を聞かせていただいて、それに合う住宅ローンをご提案させていただきます。

※必要なもの
 ・印鑑(実印)
 ・源泉徴収票
 ・運転免許証のコピー
 ・その他ローンがあればローン明細等

 

≫ 閉じる

新7重要事項説明・契約新新7重要事項説明・契約・文字

≫ 続きを読む

 

申込みをした後、一週間程で契約になります。契約に先立って宅地建物取引士により、重要事項説明が行われます。文字通りどんな建物が建てられる土地か等、物件についてや契約を解除する時の手付金の取り扱い等重要な事の説明があった後、契約に進んで行きます。専門用語が多い書類ですが分かりやすく説明しますがわからないことがあったら遠慮なく聞いてみましょう。

※必要なもの
 ・印鑑(実印)
 ・運転免許証(身分証明書)
 ・印紙(金額は物件により異なります)
 ・住民票 ※
 ・印鑑証明書 ※

 

 

※住民票・印鑑証明書は、契約が終わると引渡しまでに建物の名義をお客様の名義にする為に表示登記を行う時に必要な書類です。

≫ 閉じる

新8住宅ローン本申込新新8住宅ローン本申込・文字

≫ 続きを読む

 

契約が終わったら後日、住宅ローンの本申込みに進みます。銀行のローン担当者と日にちを合わせて銀行もしくはご自宅で本申込みの書類にご記入、捺印していただきます。この時に銀行のローン担当者からローンについて色々説明があります。変動金利にするか、固定金利にするかなど決定する必要があります。本申込みをすると一週間位で結果が出ます。 

※必要なもの
 ・実印
 ・運転免許証
 ・住民票
 ・印鑑証明書
 ・所得証明書
 ・その他(銀行から提出を求められたもの)

 

 

≫ 閉じる

新9現地立合い新新8住宅ローン本申込・文字

≫ 続きを読む

 

契約時に売主さんと日にちの調整をして現場立会いの日にちを決定します。後日、現地で売主さんから設備の使い方や境界杭の位置、お家のメンテナンスについて説明をしてもらいます。この時にカーテンの寸法や照明器具の数などをチェックしておくと、引渡し前に段取りできます。

Point   ☑  家具など購入予定のある方は寸法を取っておくといいです

≫ 閉じる

新10金銭消費貸借契約新新10金銭消費貸借契約・文字

≫ 続きを読む

 

住宅ローンの本申込みの結果、本承認されましたら住宅ローンの銀行とお客様の契約(金銭消費貸借契約)を締結していただきます。金消契約が終わったらいよいよ引渡しです。

※必要なもの
 ・実印
 ・印鑑証明書
 ・住民票(新住所に移動した住民票)
 ・印紙

 

※住宅ローンの手続きに必要なものは色々ありますので、その都度スケジュールに合わせてお伝え致します。

≫ 閉じる


新11引渡し新新11引渡し・文字

≫ 続きを読む

 

銀行で残代金および諸費用のお振込が完了すると、いよいよ鍵の引渡しです。引渡し当日は引渡し書類に署名、捺印していただき司法書士の方から登記について説明があります。そして鍵と取扱説明書などをお渡しして引渡しが終了します。引渡し当日に所有権がお客様になるよう司法書士の方が登記手続きをします。

引渡し当日からお客様のマイホームになります。水道、電気については名義変更されることがほとんどですが、ガスの開栓はお客様立会いの上、開栓されますのでガス会社に手配が必要になります。

≫ 閉じる